下取りに出すと得?買取に出すと得?

車を売る方法として挙げられる基本的な方法としては
「下取り」「買取」この2つの方法があります。

「個人売買」という方法もありますが、
個人売買はトラブルの元になりますし、きちんとした業者に「下取り」か「買取」
してもらうことをおすすめします。

では「下取り」と「買取」どちらで売却すると高く売れるか、
ですが、これは毎年議論となることですね。

まず「下取り」を詳しく説明しますと、
下取りはその店舗で乗り換える車を新たに購入することが全体で、
車を売却すること。

つまり、あなたの店で車を購入する変わりに私の現在の車を
買い取ってください。ということですね。

一見こっちらの「下取り」の方法の方が高く売れそうです。
なぜなら車を買い取ってもらうだけではなく、その店舗で新たな車を購入することになりますので、
店舗にとっては「買い取った車を販売して得る利益」と「新たの車を販売して得る利益」
この2つの利益が期待できるのです。
だからおのずと高額査定が期待できる。なんて思っている方が多いようですね。
逆に「買取」の場合は、買取業者に車を買い取ってもらうことを差しますが、
買い取ってもらったらはい終わり。といった感じですので、
メリットとしては「買い取った車を販売して得る利益しか期待」できません。

この両者を比べてた場合

下取り・・・「新しい車を販売して得る利益」「買い取って車を販売して得る利益」
買取・・・「買い取った車を販売して得る利益」

店舗側のメリットは「下取り」の方が多いことがわかります。
しかし、だからと言って下取りの方が高く買い取ってくれるとは限りません。

買取業者の立場から考えると、
車を売ってくれる客がいないと成り立たない商売。
つまり、車を売ってくれる客がいなくて成り立つ商売の「下取り」には、
査定額が負けるわけにはいきません。

それ故「高額査定がつきやすい」ことも多いのです。
一番いい方法はどちらも試して見ることですね。
査定は無料ですので、両方試して高いほうに売る。
というのが最も賢い選択でしょう。

Leave a Reply

Categories
Bookmarks