Archive for 3月, 2014

冬の運転は路面状況を見きわめて!

滑りやすい冬の雪道は、運転の際非常に危険なものです。
ふだん雪が降らない地方の人はもちろん、雪国に住んでいる人でも、慎重に運転しなければ命にかかわる事態も起こりえます。
ひと口に冬の路面と言っても、その状態は千差万別。
スタッドレスタイヤを装着しているからといっても、それだけでは安全とはいえません。
冬道のコンディションについて知識を持ち、適切な運転を心がけることが、危険を回避する助けになります。

冬道の路面には、大きく分けて「雪が積もった状態」と、「凍った状態」とがあります。

雪が積もっている場合には、気温の状態に左右されます。
気温が低く、圧雪状態の場合には、雪道のなかでは走りやすいコンディションと言えます。
ただし、圧雪路面だと思っても、比較的気温が高め、つまりマイナス2度くらいからプラスの気温だと滑りやすくなります。
外気温を表示できる車の場合は、チェックしておくと参考になりますね。
表示のない車の場合でも、降ってくる雪がベタ雪であったり、路面がシャーベット状の時は、この気温帯であることがわかります。

アイスバーン、つまりガチガチに凍っている場合は、スケートリンクと同じく、非常に滑りやすい状態です。
人間が歩くのにも苦労するような路面では、スピードを落とさなければ危険です。
しかも、凍った路面に雪が積もっている場合は最悪です。
雪にカムフラージュされて、凍った路面が見えないと油断してしまいますから、十分に注意してください。

とくに、橋の上やトンネルの出口などは細心の注意が必要です。
橋の上は路面が凍りやすいですし、トンネルを出た瞬間アイスバーン、ということもあります。
トンネルの出口は路面状況を前もって見ることが難しいので、冬はトンネルを出る際、速度を控え目にしたほうが無難です。

また、積雪の多い地域では、既に積もった雪が風によって舞い上げられ、視界がきかなくなる”地吹雪”という現象があります。
トラックなど大型車の後ろを走る時にも、同様のことが起こります。
昼間であっても必ずライトをつけ、まず自分の車の存在をまわりに知らせることが大切です。
視界が悪くなると、路肩が見えなくて脱輪ということもありますから、
地吹雪がひどい場合は、速度を落としつつ、どこか安全な場所を見つけて停車することも必要です。

路面のコンディションは、天気や時間帯などの影響により、その時々で変化していきます。
慣れた道でも気を抜かず、しっかりとその場の状況を見きわめて運転することが肝心です。
慎重な運転を心がけるのが一番ですね。
セルシオ 買取

Categories
Bookmarks